口コミ情報

無理のないオリジナルウエディング!HAKU(ハク)のフルオーダー結婚式

赤い糸
HAKU(ハク)は、株式会社スペサンが運営する、オリジナルウエディングをプロデュースするサービスです。

HAKU(ハク)がプロデュースするオリジナルウエディングは、新郎新婦やゲストの気持ちに寄り添った結婚式です。

一般的な結婚式と同じ価格で叶う、手作りのフルオーダーメイドウエディング。それがHAKU(ハク)のサービスです。

オリジナルウエディングを一般的な価格で実現!

オリジナルウエディングと言えば、費用が高いというイメージがありますよね。

料金の不透明さが問題になっている結婚式業界ですから、「オリジナルウエディングを頼んだら、プロデュース料と称してすごい金額を請求されるんじゃないの?」「上手くのせられて、余計なアイテムがどんどん追加されるんじゃないの?」なんて疑惑の目で見てしまいます。

しかしHAKU(ハク)は、一般的な結婚式と同等の金額で、自由で二人らしい結婚式をゼロから一緒に作ることを特徴としています。

HAKU(ハク)がプロデュースする結婚式の費用は、招待客一人あたり5~6万円になるそうです。つまり、60人を招待した場合の費用総額は、以下です。

(6万円)×(60人)=(360万円)

実はこの金額、一般的な結婚式と同じくらいの金額なのです。

HAKU(ハク)と一般的な結婚式の費用比較

ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べによると、結婚式の費用について以下の結果が得られています。

招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は平均6.4万円

つまり、60人を招待した場合の費用総額は、以下です。

(6.4万円)×(60人)=(384万円)

もちろん、会場の規模や設備、ウエディングドレスのブランドなど様々な条件が異なりますので、単純に価格を比較することはできません。

しかし前述したHAKU(ハク)のオリジナルウエディングの価格は、極端に高い価格ではないということが示せると思います。

ただし、オリジナルウエディングは何でもできるウエディング。あんな演出も、こんな装飾も、こんな料理も!・・と理想を取り入れ過ぎると予算オーバーしてしまうこともあります。

HAKU(ハク)のようなプロデュース会社を利用するときは、まずは予算を決めておいて「このくらいの予算で理想に近づけて欲しい」と相談するのがお勧めです。

派手でも奇抜でもない、HAKU(ハク)のオリジナルウエディング

HAKU(ハク)が手がけたオリジナルウエディングはどんな結婚式なのか、気になりますよね。私のお気に入りの動画をいくつかご紹介します。

温かく家族がつながる、神社挙式

こちらのオリジナルウエディングは、「つながるふたつの家族」と題した結婚式です。

場所は両家にゆかりのある神社。全く派手ではなく静かに進む挙式ですが、とにかく雰囲気が温かい。家族が近くに寄り添い、実家での宴会のような披露宴。

私はこの動画を見ながら思わずニヤニヤし、新郎の挨拶にもらい泣きしてしまいました。

仲間とワイワイ、輝く時間を過ごす結婚式

こちらのオリジナルウエディングは、「ステイゴールド」と題した結婚式です。

ゲストに思う存分楽しんでもらいたい、と用意されたおしゃれな空間。キラキラしたものが沢山で、おしゃれで明るい雰囲気を創り出しています。

キラキラ輝く仲間との時間。特別な余興はありませんが、みんなで笑い合い、とても楽しそうな結婚式です。

新郎新婦の気持ちを伝える結婚式

オリジナルウエディングといえば、フラッシュモブやみんなで踊るダンスなど、派手な演出を思い浮かべるかもしれません。でもHAKU(ハク)が提案するオリジナルウエディングは、動画を見るとわかる通り、派手なものばかりではありません。

会場の場所、装飾、デザインにこだわった空間の演出新郎新婦の気持ちのこもった結婚式。そんな温かいオリジナルウエディングを実現することができます。とても素敵です!

※HAKU(ハク)の無料相談会・お問い合わせは公式ホームページをご覧下さい。あなたの大切な人たちに 心から喜んでもらえる結婚式【HAKU(ハク)】

HAKU(ハク)について

HAKU(ハク)は、2015年に誕生した新しい企業、株式会社スペサンが運営するサービスです。代表は植松 健佑氏。

社名である「スペサン」という言葉は、Special Thanks(スペシャル サンクス)を略したものだそうです。心に残る幸せな瞬間を創り出し、一人一人の物語のエンドロール「Special Thanks」に載るような企業を目指しています。

社員はどんな人たち?

HAKU(ハク)を運営するのは、ダンス経験者で株式会社リクルート出身の植松氏を始め、空間デザインを学んだウェディングデザイナー、劇団主宰者など、デザイン力・プロデュース力に優れた若い社員たちです。

ウエディングデザイナーとは

HAKU(ハク)のスタッフ紹介ページには、「ウエディングプランナー」ではなく「ウエディングデザイナー」という言葉が使われています。

puzzle

「ウエディングプランナー」は言葉の通り、「結婚式を組み立てる人」のこと。沢山ある部品を集めて、ひとつの形を作るのがウエディングプランナーの仕事です。

描く

それに対して「ウエディングデザイナー」は言葉の通り、「結婚式をデザインする人」のこと。部品を組み立てるのではなく、何もないところから部品を一つ一つ作って形にするのがデザイナーの仕事です。

コンセプトから作り上げるHAKU(ハク)の結婚式は、もちろんウエディングデザイナーがゼロからデザインします。これからの日本の結婚式は「組み立てる結婚式」から「デザインする結婚式」へと変わっていくのかもしれませんね!

HAKU(ハク)の口コミ

HAKU(ハク)は新しい企業なので、インターネット上に口コミ情報がありません。そこで、HAKU(ハク)のホームページ上に掲載されている”お客様の声”をご紹介します。

いろんな結婚式に参加してきたので、せっかくやるならゲストの方々が参加したことのないような素敵なパーティーにしたいと思っていました。

でも、予算は現実的なものにしたくて、金額を何度も相談したのですが、しっかり向き合って応えてくれました。

当日は装飾も演出もすばらしく、最高の一日になりました!予算も要望に合わせて作ってくれたHAKUに大満足です!

(東京都在住 T.N様 L.S様)
※引用:【HAKU(ハク)】

最初にHAKUに相談に行ったときは、他のプロデュース会社も並行して検討していました。

HAKUに決めたのは、私たちの想いを的確に表現したコンセプトを提案してくれたから。モヤモヤと考えていたことを、デザインとプランで具体化してくれました。

オリジナリティがあっても、やりたかったのは大切な人たちとの輪をさらに深め、広げる結婚式。

当日は、親族も友人も、みんなでひとつになれる、ふたりらしい結婚式を楽しめました!

(千葉県在住 T.N様 Y.M様)
※引用:【HAKU(ハク)】

新しい企業のため情報が少ないのですが、インターネット上に口コミ情報が増え次第、当ページの情報を更新していく予定です。

無料ロゴ作り・無料相談会に行ってみよう

HAKU(ハク)では、無料相談会・無料ロゴ作りワークショップを随時開催しています。

無料ロゴ作りワークショップでは、結婚式の招待状など色々な場面で使える夫婦のロゴマークをデザインします。ぜひ気軽に問い合わせてみて下さい!

※HAKU(ハク)の無料相談会・ワークショップ予約、お問い合わせはこちらから!あなたの大切な人たちに 心から喜んでもらえる結婚式【HAKU(ハク)】