マナー

挙式と会食だけのウェディングのマナー!引き出物は必要?

ギフト画像

結婚披露宴では、必ずゲストへの引き出物を用意します。引き出物は、披露宴に来てくれた方へ、ご祝儀や会費のお礼として渡すものです。

豪華な披露宴と違って、親族だけを招待する少人数の結婚式の場合、引き出物の渡し方や金額について迷うことがあるかもしれません。ここでは、挙式と会食だけのウェディングでの引き出物マナーについてご紹介します。

引き出物は必要?

挙式と会食だけの少人数ウェディングの場合も、引き出物を用意するのが一般的です。

引き出物の相場

親族だけの結婚式の場合、親族からのご祝儀は大きな金額を頂くことが多いです。予想されるご祝儀に応じて少し豪華な引き出物を用意しましょう。

相場は10,000円~15,000円

当サイトでは、インターネット上で「挙式と会食のみのウェディングで用意した引き出物」について調べました。

その結果、「10,000円のカタログギフトに、3,000円~5,000円の引き菓子を組み合わせた」という体験談が多く見られました。10,000円~15,000円が引き出物の相場のようです。

内祝いで返す方法も

参列者と新郎新婦との関係性により、頂くご祝儀の金額に差がある場合があります。例えば良く会っている叔父・叔母からはたくさん頂くけれど、遠縁の親戚からはそれほど頂かない場合があります。

頂いた金額が大きく異なるのに引き出物が一律では失礼にあたる、という考え方もあります。

そこで、会食では引き菓子など3,000円~5,000円程度の品物を用意し、ご祝儀をたくさん頂いた方には後で内祝いを送るという方法もあります。

両家のご両親に相談を!

親族中心の少人数ウェディングの場合、引き出物については両家のご両親に相談してみましょう。

親族のことをよく知る両親なら、妥当な金額や品物を教えてくれるはず。

ご両親の意見を尊重しながら、素敵な引き出物を選びましょう!