マナー

会食だけのウェディングのマナー!引き出物は必要?

ギフトと花

一般的な披露宴とは違って、親族だけで行うアットホームな会食や披露パーティーの場合、どんな引き出物を用意したら良いのか迷うことがあるかもしれません。

ここでは、親族だけを招待する会食だけのウェディングでの、引き出物マナーについてご紹介します。

状況によって異なる、引き出物

親族との会食だけのウェディングの場合、引き出物を用意するかどうかは状況により異なります。

両親と兄弟のみの会食

両親と兄弟だけを招く会食ウェディングの場合は、引き出物は必要ないという考え方が一般的です。両親も主催者側であり、ゲストではないので引き出物は不要という考え方です。

しかし、新郎新婦のために時間を割き祝福してくれたことに対する感謝の気持ちを伝えたい、という方も多いようです。

そんな時には、両親・兄弟の好きなものをそれぞれプレゼントしたり、プチギフトを用意するのがお勧めです。

例えば、両親の好きなお酒や記念の花束を渡したり、いつでも使える宿泊券をプレゼントしたり。豪華なものではなく、「ありがとう」のメッセージを入れたお菓子なども素敵です。

叔父、叔母なども招待する会食

両親と兄弟だけではなく、叔父や叔母、普段会わない親族なども招待する場合には、ご祝儀をいつもらうかにより、引き出物を用意するかどうか決めます。

事前にご祝儀を頂いている場合

親族の場合、ご祝儀を事前に頂く場合があります。その場合は、お礼に内祝いとして個別に品物を送るのが一般的です。

内祝いを送った後で、さら会食の場で引き出物を用意すると相手を恐縮させてしまうかもしれません。とはいっても、会食に来てくれた方を手ぶらで帰すのも気が引けますよね。

そんなときには、感謝の気持ちとして、引き菓子やプチギフトをお土産に用意しましょう。

会食でご祝儀を頂く場合

会食の当日にご祝儀を頂くことが予想される場合には、少し豪華な引き出物を用意しておくのが無難です。

親族からのご祝儀は、大きな金額を頂くことがあります。インターネット上の口コミや体験段を調べてみると、10,000円~15,000円くらいの引き出物を用意したという意見が多くみられました。

「ご祝儀を頂けるかどうかわからない」「どのくらいの金額になるか予想が付かない」という場合には、会食で引き菓子やプチギフトを渡し、後日頂いたご祝儀に応じて内祝いを送るという方法もあります。

両家のご両親に相談を

親族間では、結婚式に関する慣例がある場合が多いです。例えば、親族同士は事前にご祝儀を渡し合う、交通費は招待側が支払うなどの慣例です。

内祝いを送るタイミング、引き出物の用意などについては必ず両家のご両親に相談して決めましょう!