ウェディングニュース

すぐ婚naviからハナユメへ!名称変更の本当の理由とは?

新緑640

2016年11月8日に、結婚式場検索サイト「すぐ婚navi」が「Hanayume(ハナユメ)」へと名称を変更し、リニューアルオープンしました。

「なんで名前が変わったの?」「内容はどこが変わったの?」と疑問を感じている方もいると思います。

当サイトでは、「Hanayume(ハナユメ)」を運営する企業、株式会社エイチームブライズ様から提供していただいた資料に基づいて、名称変更の理由を解説します!

「すぐ婚navi」と「Hanayume(ハナユメ)」

すぐ婚naviとは

「すぐ婚navi」は、2008年10月にオープンした「半年以内の結婚式を割引価格で探すことのできる結婚式場検索サイト」です。

結婚式は、およそ9ヶ月前から準備を始めるのが一般的です。

カレンダーとビジネスマン
そのため結婚式場では、半年以内の会場空き日を埋めることに苦労します。

そこに目を付け、半年以内の会場空き日を割り引き価格で紹介するサイトとして登場したのが「すぐ婚navi」です。

半年以内の準備期間だから、「すぐに準備して結婚」→「すぐ婚navi」という名称になったのですね。

Hanayume(ハナユメ)とは

「Hanayume(ハナユメ)」は、2016年11月8日に「すぐ婚navi」が名称を変更してリニューアルオープンした「割り引き価格の結婚式場検索サイト」です。

「すぐ婚navi」と同様に、半年以内の結婚式をとてもお得な価格で紹介しています。

それだけではなく、半年以内の結婚式に限らない「Hanayume(ハナユメ)割」という割り引きを用意しています!

すぐ婚naviへの誤解

サービス内容やコンセプトが変わったとは言え、既に知名度の高かった「すぐ婚navi」という名称を完全に捨ててしまうことにリスクはなかったのでしょうか。

そこには、「『すぐ婚navi』という名称がユーザーに与える誤解を解消したい!」という運営会社(株式会社エイチームブライズ)の願いがあったようです。

誤解1:ワケありのイメージ

結婚式場探しは、挙式日の9ヵ月前くらいに開始するのが一般的と言われています。そのため「『すぐ婚navi』って、すぐに結婚したいワケありの人向けのサービスなのかな?」という印象を与えてしまっていたようです。

実際に「すぐ婚navi」を利用するのは、マタニティ婚や少人数挙式を検討されている人が多かったそうです。

しかし、多くの人が挙式日の9ヵ月も前に結婚式場探しを始める理由は、人気の結婚式場の予約を確実にするためです。

「9ヵ月前に予約して準備しないと間に合わない!」ということはありません。

結婚式の準備を始めるのは、挙式日の4ヵ月前くらいからが一般的です。「すぐ婚navi」で半年以内の結婚式を探しても、準備期間は充分に足りるので大丈夫です!

誤解2:類似名称サービスとの混同

「すぐ婚navi」が設立された2008年の翌年に、「スマ婚」という結婚式プロデュース会社が設立されました。

「スマ婚」は、それまでの高額な結婚式に疑問を呈し、格安結婚式を実現する仕組みを作った会社です。更にその後、「ゼロ婚」「楽婚」「ママ婚」「会費婚」など、「〇〇婚」という名称のサービスが多数登場しました。

こうなると私たちユーザーは「〇〇婚っていっぱいあるなー。きっとどれも同じだろう」と思ってしまいますよね。でも実は「すぐ婚navi」は結婚式場紹介業、「スマ婚」などは結婚式プロデュース業であるため、業態の違う企業なのです。

結婚式場紹介業と結婚式プロデュース業の違い

結婚式場紹介業
マイナビウエディング

など
概要
結婚式場紹介業とは、雑誌やサイトを媒体として結婚式場探しを手伝う仕事です。

結婚式場紹介業の代表的な企業は「ゼクシィ」です。「すぐ婚navi(現:Hanayume(ハナユメ)」も業態としては「ゼクシィ」と同じ結婚式場紹介業です。

結婚式プロデュース業

など
概要
結婚式プロデュース業とは、提携している結婚式場の会場を借りて、段取りから挙式当日まで全体のプロデュースをする仕事です。

「スマ婚」「楽婚」が格安結婚式のプロデュース会社として有名です。クレイジーウェディングのように、独創的な結婚式をプロデュースする会社もあります。

「すぐ婚navi」は、その名称から「スマ婚」「楽婚」「ゼロ婚」などの格安結婚式プロデュース会社と混同されてしまいがちでした。

しかし「すぐ婚navi」は、「ゼクシィ」や「マイナビウェディング」と同じ、結婚式場を検索するための媒体なのです。

人気の結婚式場のプランはそのままに、「すぐ婚navi」ならではの割り引きを提供しています。

誤解3:婚活サイトと勘違い

婚活ブームにより、お見合いパーティーなどに積極的に参加する方が増えましたよね!

「すぐ婚navi」という名称は、「すぐに結婚したい人向けの案内サイト」、つまり「婚活サイト」という誤解を与えてしまうこともあったようです。

新名称「Hanayume(ハナユメ)」で表現したいこと

実際のサービス内容とは違う印象を与えてしまうことのあった「すぐ婚navi」という名称を変更し、新たに誕生した「Hanayume(ハナユメ)」。

その名称には、こんな意味が込められています!

全ての花(ハナ)嫁の夢(ユメ)を叶える

無料相談デスクやホームページで理想を見つけることができ、「ハナユメ割」で割り引きになるから夢を叶えることができる。それを一言で表したのが、「Hanayume(ハナユメ)」という名称です。

これからのHanayume(ハナユメ)

生まれ変わったこれからのHanayume(ハナユメ)には、こんな特徴があります。

サイトがオシャレで見やすい!

結婚式場検索サイトは、情報量が多すぎて調べていると疲れてしまうことがありますよね。

リニューアルしたHanayume(ハナユメ)のサイトは、きれいな写真と読みやすいレイアウトで、調べていても疲れません。

白と緑を基調とした配色のオシャレなサイトは、眺めているだけでも楽しいです!

※ホームページはこちら→Hanayume

ハナユメ割で大幅な割り引き!

「すぐ婚navi」の特徴であったお得な半年以内割り引きは、そのままHanayume(ハナユメ)にも受け継がれています。更にHanayume(ハナユメ)では、半年以内に限らない「ハナユメ割り」を用意しています。

例えば、Hanayume(ハナユメ)のテレビCMでローラさんが結婚式を挙げた埼玉県大宮の結婚式場「ラ・クラリエール」の場合、ハナユメ割りの適用で最大78万円OFFになります!(※2017年2月24日時点での掲載内容)

※ローラさんの結婚式CMは、Hanayume(ハナユメ)のホームページで見ることができます。とても素敵な映像なので、ぜひご覧になってみて下さいね!→Hanayume

ゆっくり相談できる無料相談デスク

無料相談デスクのある結婚式場紹介サイトは多いのですが、大抵は対面式の小さなカウンターになっています。

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクは、1組1組仕切られた半個室のブースです。長時間でもリラックスできるようソファを用意し、1組につき2時間かけてじっくり相談に乗ってくれます!

え!2時間も!?囲い込んで契約するまで帰さないつもりでは!?」と思ったかもしれませんが、大丈夫です。相談内容によっては、もちろん短時間で終了します。

Hanayume(ハナユメ)では、「2時間かけてでも希望に合う結婚式場を一緒に探す」という丁寧な接客を心がけているそうです!

「結婚式のイメージがわかない」「どのくらいの費用が掛かるのか見当もつかない」などの悩みがある方は、悩みを相談するためだけに利用してみるのもお勧めですよ!→無料相談デスク 直リンク

お得なキャンペーンを実施!

Hanayume(ハナユメ)では、無料相談デスクを利用したり、ブライダルフェアに参加するだけで商品券がもらえるお得なキャンペーンを随時実施しています。

現在開催中のキャンペーンは、こちら!↓

ブライダルフェア予約・見学などで最大30,000円分商品券プレゼント!

詳細はホームページでご確認下さい。→Hanayume

ぜひチェックしてみて下さいね!

利用してみよう!Hanayume(ハナユメ)

Hanayume(ハナユメ)は、ゼクシィやマイナビウェディングと同じ結婚式場検索サイトのひとつです。

憧れの結婚式場の挙式が、もしかしたらハナユメ割でお得な割り引き価格になっているかもしれません!

結婚式場探しのひとつの手段として、ぜひHanayume(ハナユメ)を利用してみて下さいね!

ホームページはこちら→Hanayume

※Hanayume(ハナユメ)の口コミ情報をこちらの記事にまとめました。→ハナユメ(旧:すぐ婚navi)の口コミレビュー!割り引きの仕組みと評判

関連記事

Pick Up!

array-pickup
ページ上部へ戻る