結婚式トレンド情報

ナシ婚は離婚率が高い?噂の真相とこれからの結婚式の形

婚姻届

挙式や披露宴を行わず、婚姻届を提出するだけの結婚は「ナシ婚」と呼ばれています。「ナシ婚」を選ぶカップルは意外と多く、入籍をしたカップルの約半数が挙式・披露宴を行っていないというデータがあります。

一方で気になるのが「ナシ婚は離婚率が高い」という噂。噂の真相と、これからの結婚式について調べました。

ナシ婚を選ぶ理由

ナシ婚を選んだカップルが結婚式を挙げなかった理由について、結婚式情報サイト「みんなのウェディング」が行った調査結果が以下です。(引用:みんなのウェディング「ナシ婚」に関する調査2019


dyerware.com

1位は「経済的な事情」

最も多かった回答は「経済的な事情(費用が高い、貯金がない)」(21.8%)でした。

結婚式費用の平均は、350万円程度と言われています。

私も結婚式の見積もりを見て「こんなに高いんなら挙げなくていいんじゃない?」と思いました。でも周りの雰囲気に流されて、結婚式を挙げる選択をしました。

常識や流行に流されて高額な結婚式を挙げてしまいがちですが、よく考えてみると一日のセレモニーに掛かる費用としては高すぎる金額です。

ナシ婚を選ぶ人は、今後の生活費などを合理的に考えることが出来る人なんだろうと思います。

2位は「セレモニーが嫌」

次に多かった回答は「セレモニー的行為が嫌で、挙式や披露宴自体を行いたくなかった」(18.0%)というものでした。

私も「人前で目立つのは恥ずかしい!」と思っていて抵抗がありました。今まで一度も来たことのないドレス姿で人前に立つなんて、恥ずかしいですよね。

でも私は、結婚式を挙げてよかったと思っています。ちょっと恥ずかしかったですが、結婚式場スタッフはさすがにプロです。スタッフのフォローのおかげでとても楽しい結婚式になりました。

2020年からはコロナウィルスの影響も

上記は2019年の調査結果ですが、2020年には「コロナウィルスの影響で結婚式を諦めた」という理由が上位にランクインしてくると思います。

「本当は結婚式を挙げたかったけれど、感染症の不安からナシ婚を選んだ」という回答がみられるようになるでしょう。今後いつまた感染症が流行するかわからないし、高額なキャンセル料のことを考えると結婚式を挙げることにリスクを感じてしまいますよね。

以下の記事に記載したように、現在、感染症予防による結婚式のキャンセル料を補償してくれる保険はありません。

安心
ブライダル保険でコロナウィルスは補償できる?ブライダル保険の補償について結婚式での設備・衣装破損や結婚式中止によるキャンセル料を補償する保険、「ブライダル保険」。ブライダル保険の補償内容、新型コロナウィルス対応について調べました。...

新型コロナウィルスの影響で「結婚式の延期は無料」という対応を取った結婚式場は多くありますが、結婚式の中止はキャンセル料がかかってしまいます。300万円のキャンセル料を請求されたという事例もあります。

この対応では「新型コロナウィルス収束後にナシ婚層がより増えていくのでは?」と私は感じています。

ナシ婚は離婚率が高いって本当?

「結婚式は費用が掛かりすぎるし、キャンセル料のリスクもあるし、ナシ婚にしよう!」と思って何気なくインターネットで「ナシ婚」と検索してみると、出てくるのは「ナシ婚は離婚率が高い」という言葉。

「ナシ婚は離婚率が高い」という噂は本当なのでしょうか。

以下はアニヴェセル総研から引用したデータです。このデータを見ると、離婚歴のある人の82.4%が「(結婚セレモニーを)何もしていない」と回答しています。

あなたは結婚式を挙げましたか?当てはまるものをお答えください。

初婚 離婚歴あり
結婚式・披露宴(会食)共に開催した 65.5% 13.4%
何もしていない 16.0% 82.4%
結婚式だけ挙げた 10.7% 1.4%
婚礼衣装を着て記念撮影した 7.0% 2.8%
その他 0.8%

■調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国23歳~39歳 男女1,200名
調査期間:2016年3月18日~3月23日

引用:アニヴェセル総研より

この調査結果に限らず、色々な調査から「ナシ婚のカップルは、結婚式を挙げたカップルよりも離婚率が高い」ということは事実のようです。

ナシ婚はなぜ離婚率が高い?

ナシ婚だと離婚率が高くなる原因は一般的に「結婚をしたという実感が沸きにくいから」と考えられています。しかし、実際のところはよく分かっていません。

ナシ婚を選ぶカップルは合理的な考え方をする人が多いので、離婚もためらわずに出来るタイプなのかもしれませんね。

高額な結婚式を挙げたカップルも離婚率が高い!

「ナシ婚は離婚率が高い」と言われる一方で、「結婚式にかけた費用が高額なカップルは、離婚率が高い」というアメリカでの調査結果もあります。この調査は、エモリー大学が米国の3000人以上の結婚した人からデータを取り、調査したものです。

高額な結婚式を挙げたカップルは、結婚式の費用がその後の結婚生活の経済的負担となり、離婚に至るケースが多かったそうです。

自分達の状況に合った選択を

「ナシ婚は離婚率が高いけど、盛大な結婚式も離婚率が高い」という事実。面白い調査結果ですね。

花嫁がウェディングドレスに憧れているのに経済的な問題でナシ婚にしてしまったり、お金がないのに盛大な結婚式を挙げてしまったり。

そういった我慢や無理のある選択をすることが、将来的な離婚率に影響しているのかもしれません。

今はフォトウェディングや二人だけのウェディング、格安結婚式など色々な選択肢があります。「お金がないからナシ婚!」と決めつけずに、色々な選択肢を検討してみて下さいね!

RELATED POST